お知らせ news

ホーム >お知らせ

お知らせ

大分商工会議所青年部の活動内容やイベント、会員企業インフォメーション等をお知らせいたします。

会員企業紹介のブログ更新のお知らせ

2017/2/26(日)
ホームページ内の会員企業紹介のブログを更新いたしております。

今回の記事は、「有限会社とうふ屋」佐倉隆真君の内容となっております。
材料と作り方にこだわった、健康食のとうふの逸品をつくる会社です。

皆様、どうぞご覧ください。

会員企業紹介のブログ更新のお知らせ

2017/1/9(月)
ホームページ内の会員企業紹介のブログを更新いたしております。

今回の記事は、「イワオ事務機株式会社、岩尾株式会社」岩尾謙吾君の内容となっております。
70周年を迎えた老舗。大変歴史のある会社です。

皆様、どうぞご覧ください。

会員企業紹介のブログ更新のお知らせ

2016/11/8(火)
ホームページ内の会員企業紹介のブログを更新いたしております。

今回の記事は、「㈱Treceed BEAUTY DEPARTMENT SEED」の水岡紗希君の内容となっております。
健康や美容に興味が無い人も、気になる内容を掲載していただいています。

皆様、どうぞご覧ください。

会員企業紹介のブログ更新のお知らせ

2016/10/21(金)
ホームページ内の会員企業紹介のブログを更新いたしております。

今回の記事は、「ビューティーサロン リンド」の菅原直美君の内容となっております。
面白い内容になっていますので、どうぞ閲覧ください。

名刺交換会のお知らせ

2016/10/5(水)
平成28年10月19日水曜日

大分商工会議所青年部主催による、
「たのしく出会う名刺交換 異業種交流会」
を開催させていただきます。

今回は、幅広い方々と交流を深められるように、大分商工会議所を出て、
青年部会員も楽しく異業種交流ができればと考えておりますので、
皆さま、お気軽にお越しください。


場所
大分オアシスタワーホテル
21階 スカイバンケット「エトワール」
〒870-0029 大分県大分市高砂町2-48
電話番号 097-533-4411

※詳細については、リンクよりチラシのご確認ください。

第32回 府内戦紙開催

2016/8/5(金)
百花斉放(ひゃっかせいほう) 〜「絆」を深める豊後府内の光〜

府内戦紙1日目、参加者全員が待ちに待った日です。
6日の二日目も含め、大成功するよう、頑張らせていただきますので、どうぞ宜しくお願い致します。

府内戦紙 一般踊り隊の募集 

2016/6/13(月)
毎年、応援ありがとうございます。
本年も、大分市駅前通り48万人の広場 七夕祭りの季節が近づいてきました。

1日目の府内戦紙では、『一般踊り隊』の募集を行っております。

尚、2日目も一般参加できるイベント「土曜だヨ!みんなで踊ろう戦紙カーニバル」や、恒例の「ぱっちん王決定戦」が開催されます。

参加ご希望の方は、下記ホームぺーージより、募集要項をご確認ください。

平成28年度 始動

2016/4/11(月)
大分商工会議所青年部は、本日の通常総会より、平成28年度の新組織が始動いたしました。

平成28年度
第35代 会長 佐藤理沙
平成28年度スローガン
「挑 戦!」 〜過去を学び、今を楽しみ、未来へ繋ぐ〜

本年度も、大分商工会議所青年部を、どうぞ宜しくお願い致します。

第5回 府内南蛮ライティング開催について

2016/2/14(日)
天候が危ぶまれた、第5回府内南蛮ライティングですが、本日予定分は開催することになっております。

尚、強風につき、引火を避けるため、ロウソクの点灯を行わないケースがありますので、予めのご了承をお願いいたします。

市議会だよりの内容について私達の見解について

2015/11/12(木)
おおいた市議会だより(vol.167/11月1日発行)に掲載された『公共の場での ドローンの使用規制について』の中に、大分市総務部長の回答として、府内戦紙出陣式の様子をドローンの飛行により撮影を行なうことを私達大分商工会議所青年部が了解した旨の記載がありますが、私達の見解を表明します。

私達大分商工会議所青年部では、府内戦紙の企画・運営を行なう府内戦紙振興委員会(運行統括部会)が平成27年6月16日に開催した会議において、当時報道などで様々な問題点が指摘されていたドローンの取扱いについて検討した結果、府内戦紙の指針の一つである「参加するもの見るものが楽しくなければならない」の精神に則り、参加者や見に来ていただいた皆様の安全を考え、法的根拠や強制力はないものの会場内でのドローンの使用の禁止を決めました。

これを受け、同年6月17日に開催した参加団体の皆様や大分市の職員の方など関係者が集まる第2回府内戦紙運行委員会において、ドローンの会場内での使用禁止について説明し、ご理解とご協力をお願いしました。
また、同月22日に開催した第3回府内戦紙実行委員会及び翌7月6日に開催した大分商工会議所青年部7月役員会においても同様の説明を行いました。
このように、大分商工会議所青年部は、平成27年6月16日に開催した会議におけるドローン使用禁止の決定に従い、その旨の会員への周知を徹底するとともに、参加団体その他の関係者に対してご理解とご協力をお願いしてまいりました。
なお、同年8月7日の府内戦紙当日までに、ドローンを用いた撮影に関するお問い合わせや相談、申請などはありませんでした。

府内戦紙当日の同年8月7日、城址公園において府内戦紙の出陣式を開催する直前にドローンが会場内を飛行している様子が確認されました。
それを目撃した大分商工会議所青年部のある会員は、ドローンを飛ばしていたとされる人物に対し、上記のとおり、府内戦紙を運営する府内戦紙実行委員会で会場内でのドローンの飛行は禁止となっている旨を説明し、その方にもその旨ご理解いただきました。
ただし、同日の時点でもドローンの禁止に関する法律や条例はなく、政府が7月14日にドローンに関する法律の制定に向けた閣議決定した状態にとどまっており、大分商工会議所青年部が決定したドローンの飛行禁止も何ら法的根拠のあるものではなかったことから、ドローンの飛行禁止を強制することはできず、当該会員としては、ドローンの飛行禁止にご協力いただけない場合には、せめて人の頭上を飛行させるようなことのないようにはして欲しいとのお願いをするにとどまらざるを得ませんでした。
そのため大分商工会議所青年部としては、その後もドローンの飛行を継続させるのを参加団体の皆様の安全を願いながら見ている他ないという状態でした。

以上のとおり、市議会だよりに掲載された「誰が許可したのか」との質問に対しては、大分商工会議所青年部はドローンの飛行による撮影を誰にも許可していませんし、そもそも許可をできる権限も禁止を強要する権利も私たちにはありません。

私達がこのような見解を掲載したのは、ひとえに、上記市議会だよりの記載により、府内戦紙の際にドローンを使用することはその主催者である大分商工会議所青年部が了解していることであるとの誤った認識が広がってしまい、それによって安全な運営が妨げられ、府内戦紙の指針の一つである「参加するもの見るものが楽しくなければならない」との精神が損なわれてしまいかねないことを懸念したことによるものです。

今後ドローンに関する法規制が進む中で、大分市においてドローンに関する何らかの対処を検討される場合、大分商工会議所青年部は協力を惜しみません。大分七夕まつり及び府内戦紙が県都最大のまつりとして発展していくためにも、今後とも大分市と連携を図りより良い市民のまつりを築き上げていくよう尽力していきます。



Pageۡ123

お知らせ

青年部パンフレットダウンロード
大分商工会議所青年部(YEG)
〒870-0023
大分県大分市長浜町3丁目15-19
        大分商工会議所内3F
TEL:097-536-3268
FAX:097-536-3003
ページトップに戻る